タラント(taranto)のファルセータ④

ブログサムネ① フラメンコギター

タラント(taranto)のファルセータです。

以前の記事

タラント(taranto)のファルセータ③ トレモロフレーズ
タラントという曲種のトレモロ奏法を使ったファルセータです。以前のタラント記事タラント(taranto)のファルセータ②タラント(taranto)で一番使うファルセータ動画タラントはF#フ...
タラント(taranto)のファルセータ②
タラント(taranto)のファルセータを弾いてみました。以前のタラント記事タラント(taranto)で一番使うファルセータタラント(taranto)で2番目によく使われるファルセータ動画...
タラント(taranto)で一番使うファルセータ
タラント(taranto)という曲種で一番使うことの多いファルセータです。以前の記事タラント(taranto)で2番目によく使われるファルセータタラント(taranto)のファルセータ動画...

動画

タラントは2拍子(4拍子)系の曲種で、キーとしてはF#のフリジアンモードの形になります。

このファルセータはスペイン時代の先生の一人パコ・コルテス(Paco Cortes)に教えてもらったファルセータです。

ピカードが主体になるフレーズとなっています。最後のレガートフレーズは1拍目の裏から入って次の1拍目の表に向かって着地していくようなリズムになっています。

最初は複雑なリズムに聴こえてくるかもしれません。

タラントはフラメンコの中でもタラントのコンクールがあるような人気のある曲で、また美しいフレーズもたくさんある曲種なのでぜひ聴いてみてください。

この記事が読んでくれたあなたの参考になれば幸いです。

サイトURLの引用はご自由にどう

コメント

タイトルとURLをコピーしました