ソレア(Soleá)⑥ ラスゲアード奏法

ブログサムネ① フラメンコギター

ラスゲアード奏法を使ったソレアのフレーズです。

以前の記事

ソレアのファルセータ⑤ Falseta de Soleá
ソレアのファルセータを弾きました。以前の記事動画ソレアは12拍子の曲種です。このファルセータはポル・アリーバ(por arriba)の形で弾いています。最初のアルペジオ部はフラメ...
ソレア(Soleá)④
ソレアでよく使われるフレーズを弾いてみました。以前の記事ソレア(Soleá)③アルサプーア(alzapua)を使ったフレーズ ソレア①ソレア(Soleá)のファルセータ②動画ソレ...

動画

フラメンコギターのラスゲアード奏法にはいくつか種類があってこの動画では2種類の方法で弾いています。

前半部はアバニコと呼ばれる弾き方で、

親指アップ→中指(+薬指)ダウン→親指ダウン

の3連系の動きで弾いています。

後半部分は人差し指と薬指を使ったラスゲアードで

薬指ダウン→人差し指ダウン→人差し指アップ

とこちらもまた3連系の動きになっています。

ラスゲアードは音を分離させ、16分なら16分、3連なら3連としっかりリズムを刻めるように練習することが大切です。

フラメンコギターの醍醐味であるラスゲアード奏法、マスターできると格好いいのでぜひ練習してみてください。

この記事が読んでくれたあなたの参考になれば幸いです。

サイトURLの引用はご自由にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました