ソレア・ポル・ブレリア(Soleá por Bulería)のファルセータ⑥

ブログサムネ① フラメンコギター

ソレア・ポル・ブレリアのファルセータを弾きました。

以前の記事

ソレア・ポル・ブレリア (Soleá por Bulería) ⑤
ソレア・ポル・ブレリアのアルサプーアを使ったフレーズです。以前の記事ソレア・ポル・ブレリアのファルセータ④ソレア・ポル・ブレリアのファルセータ③動画ソレア・ポル・ブレリアは12拍子の曲種...
ソレア・ポル・ブレリアのファルセータ④
ソレア・ポル・ブレリアのファルセータを弾いてみました。以前の記事ソレア・ポル・ブレリアのファルセータ③ソレア・ポル・ブレリアのファルセータ②動画ソレア・ポル・ブレリア(Soleá por...

動画

ソレア・ポル・ブレリアはソレアをブレリアのテンポに近づける、つまり通常のソレアよりも速くして弾くというような感じです。

コンパスとしてはソレアと同じ12拍子になります。ソレア・ポル・ブレリアは歌い手の声に合わせてポル・アリーバ(por arriba)、ポル・メディオ(por medio)の両方とも弾きます。

今回はポル・アリーバで弾いています。

最初のレガートを交えたアルペジオがフラメンコギターではよく使うテクニックで、フラメンコ感のある響きを演出してくれています。

最後のピカードフレーズはEフリジアンスケールを16分音符で弾いています。

3弦のラから1弦のソまで駆け上がり、そのまま6弦のミまでEフリジアンスケールで順番に駆け下りてきています。(6弦のソだけソ♯になっています)

コンパス的に複雑なことをやっているわけではないので、もしよければ弾いてみてください。

この記事が読んでくれたあなたの参考になれば幸いです。

サイトURLの引用はご自由にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました